困った時の選択カードは任意売却でキマリ|もしもの時の不動産

不動産

売却の際の注意点

なぜ任意売却を行うのか

不動産

ローンを組んで不動産を所有している場合、万が一そのローンが返済できなくなるとその不動産を売ってローンの返済に充てる必要があります。その手段の一つに任意売却があるのです。 そもそも不動産価格がローンの残債よりも高額であれば売って得た資金でローンの残債を返済して話が終わります。しかし今の時代購入時をピークに不動産の価値は年々減少しています。こうなるとローンの残債のほうが不動産価値を上回るということは珍しくありません。当然不動産を売却してもローンの残債が完済できないのであれば簡単には売却を行うことが出来ません。 そこで登場するのが任意売却です。任意売却はローンの保証会社や金融機関などとの協議が必要になり必ずしも行えるというわけではありませんが、ローンが支払えず家が競売にかけられ家を失うという事態を防ぐことが出来る手段といえるのです。

売却額の算出

ローンの支払いができないとなった場合にそのままアクションを起こさず督促状も無視すると最終的には物件は競売にかけられ誰かが入札し家を出ていく必要があるとなるのです。ここまで行く前にローンの残債を整理する手段の一つとして任意売却があります。 任意売却で不動産を売却し、その売却で得られた利益ではローンの残債を完済することが出来ません。こうなると場合によっては賃貸住宅に住みながらローンの残債を月1万円ずつ返済するなど個別に事前に話し合いが行われます。この時任意売却を行うにあたって不動産の売却額を決定する必要があるのですが、あまりにも高額をつけすぎると購入者が現れず売却ができないということもあり得るのです。一方で低めに設定するとローンの残債額が多く残り今後の返済者の負担になるのです。 このバランスをしっかり競技することが大切です。